【スタッフの部屋】 ~巣立ち~

投稿日:2017年3月 3日 15:28
最終更新日:2017年3月 7日 12:58

P1090713 (3).JPG
 「お前の周りでは必ず、常に心の支えになってくれている人がいるはずだ」

この言葉は、高校時代の部活の監督に最後に掛けて頂いた、私の大切な言葉です。
私は高校生からバレーボールを始めました。経験者のたくさんいる部活の中に、初心者の私がついていく事はできるのか?
不安がありました。しかし、友達の「一緒にやってみようぜ!」と言う言葉に背中を押され、入部を決意しました。
全国大会を目指して練習しているだけあり、高校の練習は厳しく、辛い事ばかりで、初心者の私は無理だと、辞めてしまいたいと思った事もありました。でも、そんな時に『力』になったのはチームのメンバーの温かい言葉であり、家族のサポートでした。
バレーボールができているのは、そんな周りの人がいるからであり、感謝しなければならないと気付く事ができました。
周りの人の為に、こんなところで諦めてはいけないと思い、必死に練習をしました。
みんなが部活に来る前から練習を始め、みんなが帰ってからも練習をし続けました。
時にはメンバーも私の練習に快く付き合ってくれました。
その結果、初心者であった私でしたが、全国大会の出場メンバーの1人になることができました。その時、辛い事を乗り越えて、続けてきて良かったなと思い、「私の周りでは常に誰かが自分の支えになってくれていて、その支えがあるからこそ前に進む事ができた」と心から感じました。
 皆さんも今、何かに必死に打ち込んでいる事があると思います。
その中で、常に周りの人に支えられている事は決して忘れないでください。その時を忘れなければ、きっとどんなに辛い事があっても、逃げ出さずに頑張る事ができると思います。

 私は春から社会人になる為、3月で多摩スポーツセンターのスタッフを卒業します。
たくさんのお子様からお年寄りのお客様と接する事ができ、2年間と短い間でしたが、この川崎市多摩スポーツセンターでの思い出は数え切れません。
時に厳しく、時に優しく接してくれたスタッフの皆さん。
毎日、笑顔で「こんにちは」と話しかけてくれるお客様。
こんなにも温かい雰囲気のある職場で働く事ができて良かったです。
自分の為だけでなく、支えてくれる人の為に頑張る姿勢は新しい環境でも常に持って生きていきたいと思います。
川崎市多摩スポーツセンターがこれからも皆さんの笑顔あふれる施設であり続けていくことを願っています。
本当に皆さん!ありがとうございました。

総合受付:的場 航平
P1090709 (4).JPG